キョーリツ ブログ

冬の必需品!

2017年11月18日営業日記

みなさん、こんにちは。
11月も半ばを過ぎ、朝晩めっきり寒くなりました。

学生のみなさんの通学風景をよく見かけますが、上着にセーターやカーディガンなど着用されていますね。

(^o^) 今回は、そのセーターの由来・語源についてお話しようと思います。

セーター【sweater】 = 毛糸などで編んだ上着。特に頭から被って着る物。

歴史は、11世紀ノルマン人が地中海シチリアに進出した時、イスラム世界の手芸技術を学び、イギリス海峡に位置する二つの島に伝えたのがセーターの起源の地とされ、また寒い冬に漁に出る漁師の作業着などに使われる丈夫なものとして存在していたそうです。

セーターの語源は、英語「sweater」からの外来語で「汗をかく」を意味する「sweat」に由来します。
19世紀後半、アメリカンフットボールチームの選手が、汗をかいて減量するために編み物の上着をユニフォームとして使用したのがはじめで、その他スポーツでも着用されるようになり一般化していきました。ここで言う「sweater」は、今で言う「ジャージ」「スウェット」の意味合いが強く、あくまで英語圏での表現であり、この頃から「セーター」と呼ばれるようになりました。
日本では、20世紀初頭(大正時代)の頃から着られるようになり、日本初の外来語辞典では「毛糸製の襯衣〔しんい〕(肌着や襦袢の意味)」と訳されました。手編みから後に編機による「機械編み」の導入によって大量生産が可能になり一般の人々に普段着として普及していったそうです。

(^o^) セーターの歴史は古く、日本では100年前から私たちに親しまれてきたのですね♪

これから本格的に冬が到来します。
まだ、セーターやカーディガンをご準備されていない学生のみなさん、キョーリツ各店舗にて取り扱っていますのでお問い合わせください。あわせて防寒コートも取扱中です!!

DSC_0014
左から
カーディガン ベージュ (JN721-33)    5,900+消費税
ベスト    グレー (JN715-07)     4,200+消費税
セーター   紺 (JN717-88)        5,200+消費税

最新の記事

営業日記

2018年6月6日

マーチングウェア

営業日記

2018年5月1日

制服のお手入れ

営業日記

2018年3月21日

制服のお渡し時期について

営業日記

2018年2月15日

春はすぐそこ?

カテゴリー

過去の記事